永久脱毛 レーザー

永久脱毛 レーザー

永久脱毛 レーザー 痛い

永久脱毛に一番近い医療レーザー脱毛は痛い??

 

一般的に言われる永久脱毛は、毛の再生率を下げ、自己処理をする必要がない程度までですが、医療レーザー脱毛であれば、毛を成長させている部分である毛母細胞を破壊することができます。

 

レーザー脱毛は、黒色もしくは茶色に吸収される波長を皮膚に照射し、毛根などにダメージを与える方法です。毛のサイクルのひとつである成長期に合わせて脱毛することで、永久的に脱毛できると言われています。

 

肌の表層に出ているのは、15%から20%程度のため、最低でも5回程度は照射することで効果を実感することができます。

 

 

カミソリやシェーバーなどで自己処理を続けていると、毛が皮膚の下に埋まってしまい炎症を起こしてしまう埋没毛や、肌が黒ずんでしまう色素沈着などが起こってしまいます。

 

永久脱毛をすることで、ムダ毛処理の手間から解放され、美肌ケアにも有効です。

 

 

レーザー脱毛は、医療行為になるため、クリニックなどでしか施術を受けることができませんが、医師による施術になるため、皮膚が弱い人でも医師の指導のもと脱毛することが可能です。

 

また、アフターケアまでしっかり見てもらうことができるため、思わぬ肌トラブルにあっても安心して任せることができます。

2016/05/27 16:13:27 |

レーザーで永久脱毛してアトピー肌をダメージから守る

 

アトピーの人は肌が乾燥しやすいため、ムダ毛を剃ったりするとより肌の状態が悪くなったり色素沈着を起こしやすくなります。

 

また男性はヒゲを剃る時にカミソリ負けして荒れる事がよくありますし、治療のために使うステロイドの副作用で毛深くなる人もいます。ムダ毛処理をするたびに肌にダメージを与えるのはとてもよくないことです。

 

 

このような場合、永久脱毛することで肌に負担をかけなくても良くなりますし、毛深い悩みからも解放されます。

 

アトピーなど肌が弱い人の場合にはクリニックで行なわれているレーザー脱毛がお勧めです。

 

クリニックで行なわれているのでお医者さんに肌の状態を診断してもらう事ができます。

 

 

またレーザーは肌表面に与える影響が少なく毛根だけにダメージを与える事ができるので、肌の弱い人に向いています。

 

永久脱毛する時には症状が安定している時に施術を受けて、調子が悪い時にはしばらく間をあけるなど、お医者さんと相談しながら行なうことが大切です。

 

また健康な肌の人にも当てはまる事ですが、永久脱毛する時には肌の保湿をするようにしておくのが大切です。

 

肌に充分な水分があると肌の調子が良くなるだけではなく、脱毛した時のダメージから肌を守る事も出来ます。