永久脱毛 レーザー脱毛 違い

永久脱毛 レーザー脱毛 違い

永久脱毛 レーザー脱毛 違い

レーザーのエネルギーを吸収して永久脱毛は行います。

 

永久脱毛のメカニズムをご存知でしょうか?

 

脱毛マシンのレーザーは、黒いメラニン色素に強く反応する性質があります。

 

 

この性質を利用して永久脱毛を行います。脱毛マシンのレーザーを脱毛したい部位に照射すると、そのエネルギーはムダ毛の中にある黒いメラニン色素に吸収されます。

 

そして、ムダ毛の根元にあるムダ毛を成長させる毛母細胞の破壊が行われます。

 

 

毛母細胞を完全に破壊された体毛は二度と生えてくることはありません。毛母細胞を破壊するには、ある条件が必要です。

 

それは毛周期です。人の体毛には全て毛周期がありますが、その中でも成長期のムダ毛にレーザーを照射しなくては永久脱毛の効果は得られません。

 

 

その他の休止期や退行期のムダ毛にはなんの効果もないのです。

 

ですから、脱毛は1回では終わることはなく、何度も瀬施術を行う必要があるのです。個人差はありますが、一般的には3回の脱毛でほぼ半分のムダ毛を脱毛することができ、6回の脱毛でほぼ自己処理は必要なくなると言われています。

 

 

また、1本の産毛もないすべすべの肌を望むのであれば8回から9回の脱毛を行う必要があると言われています。

 

このような効果を期待できるのは、クリニックの永久脱毛だけです。脱毛サロンでは、そのような永久脱毛の効果はありません。