永久脱毛 レーザー 種類

永久脱毛 レーザー 種類

永久脱毛 レーザー 種類

医療機関でのレーザーを使用した永久脱毛にはたくさんの種類はない?

 

医療機関で施術が可能な医療レーザー脱毛は、その効果の持続期間の長さから永久脱毛と称されることもあります。

 

レーザーを使用した医療脱毛が利用されるようになってからの歴史はまだ浅く、そのため本当に永久的な効果があるかどうかは実証されていません。

 

 

しかし、施術を行った人の多くは数年経ってもムダ毛が再生することがなく、永久脱毛と呼ぶにふさわしい高い脱毛効果を実感しているためこのように呼ばれるようになりました。

 

1回のみの施術で完全にすべてのムダ毛がなくなるというものではなく、2〜3ヶ月に1度の施術を計5回以上繰り返すことで十分な効果を得ることができます。

 

施術を行う周期が2〜3ヶ月である理由は、ムダ毛の毛周期という生え変わりサイクルに関係があります。

 

 

全身の体毛(全身脱毛)は毛周期という一定のサイクルで古い毛と新しい毛が生え変わっています。

 

肌の表面に現れている毛は活動期、肌の下で生える時期が来るのを待っている状態の毛は休止期という時期にあたります。

 

 

部位にもよりますがワキや腕などムダ毛のほとんどは2〜3ヶ月の周期で活動期と休止期が入れ替わっています。

 

医療脱毛で使用されるレーザーは肌の表面に現れている毛に対してのみ効果を発揮するのですが、活動期の毛はムダ毛全体の20パーセントほどしかないため、2〜3ヶ月の周期で1回、少なくとも5回は施術を行わなければすべてのムダ毛に照射することはできないというわけです。